« 夢を夢で終わらせない思考法 | トップページ | 良い習慣を身につける思考法 »

2014年7月 3日 (木)

できる人の思考法

ビジネスで「ラブキャット」という言葉を聞いたがありますか?私は以前に Ted Wall street Journal で聞いた記憶があります。ただし、その言葉をこの本の著者 ティム・サンダースが言っているとは知りませんでした。今回はあまりビジネスに関係なさそうな「ラブキャット」という言葉にふくまれる彼の考え方を紹介します。

人の成功は NSPS (Nice, Smart, People, Succeed)が必要だとティム・サンダースは彼の講演で語っています。ラブキャットはナイスでスマートな人であり、「知識」「ネットワーク」「思いやり」を通じで動ける人とのことです。この3つフル活用できれば世界がどのように動いているかは問題ではないとティムは語ります。

ラブキャットの利点の一つは「人間として素晴らしいブランドを築くことができる」です。今後のエコノミーでは勤めた年数や経歴よりも知識やネットワークがどれだけあるかで評価され、報酬を与えられるようになる。自分のブランド築けば人から信頼され、好かれ、対価を払ってもらえる。逆に自分のブランドを気付かなければ日用品となってしまうリスクを抱えることになる。ビジネス界の権威トム・ピーターズも「差別化するか、消されるか」だと言っている。

また、ラブキャットは「売り込みをする必要がない」。噂をきいて向うから来てくれる。現代の購入者は1)人に従いたくないと思っている、2)そして売り込まれることを嫌う、3)また購入の決定を自分で下したいと思っているから、売込みではなく自分を相手に相手の意思で見つけてもらう必要がある。

要するに今の情報化社会では良いことも悪いこともすぐに広まるその中で生きていくためには、人に好かれる(知識と行動力、そして魅力で)てネットワークを気付く事ができることが大事になるということであろう。

これは私の考えで恐縮だが、「相手を思いやること」と「相手がどう思っているかに固執する」のはまったく違うことだ。なので相手を生かながら自分を生かす術をこれから学んで行きたいですね!

それでは、また!

book できる人の法則 Love is the killer app   [ティム・サンダース]
impact 読んでみたら指数:goodgoodgood

デキる人の法則

Photo

 

 

« 夢を夢で終わらせない思考法 | トップページ | 良い習慣を身につける思考法 »

ビジネス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1427935/56686183

この記事へのトラックバック一覧です: できる人の思考法:

« 夢を夢で終わらせない思考法 | トップページ | 良い習慣を身につける思考法 »

Amazon serach widget

無料ブログはココログ